マンション関連の資格

不動産系の資格は数多くありますが、その中でマンションに着目した資格があります。
最近では10人に一人がマンションに住んでいるとも言われていますし、特に都心はタワーマンションの建設ラッシュが進んでいますから需要は高いでしょう。
まずはマンション管理士です。
マンションには管理組合を設置する義務があるのですが、ほとんどの場合知識があまりない、そのマンションの住民だったりします。
となると修繕や住民トラブルなど、素人ではどうしたらいいのか分からない場合も出てきます。
そんな時の相談先がマンション管理士で、管理組合の顧問のような位置づけです。
一方で似たような資格として管理業務主任者があります。
マンションの管理という仕事はそれほど変わりませんが、違いとしてはマンションの管理会社の側であること、またマンションの住民に対し重要事項の説明を行います。
試験の難易度としてはマンション管理士が1割未満くらい、管理業務主任者が2割程度とマンション管理士に軍配があがります。

Copyright© 不動産 資格 All Rights Reserved.