不動産を代表する資格について

不動産において、一番メジャーな資格と言えば「宅地建物取引主任者」です。
不動産業界を目指す方や、それらの方を相手に商売をされる方、または金融業界にお勤めの方などかなり需要の多い資格と言えます。
基本的に法律の知識を含め、取引にかかる事項の知識が求められるので、合格するためには相当量の勉強が必要になります。
もちろん就職に有利になるので、学生時代に取得される方も多いのですが、受験される大半の方は社会人になってからスキルアップを目的として受験される方がほとんどです。
業界にいる以上はかなりの確率で求められるので、在籍中に取得を勧められることは間違いないと思います。
しかもこの試験は年に1回のみの受験しかできないので、勉強計画などの準備も必要になります。
ただ一度でも取得をしてしまえば、一生使える資格として残るので、再受験をしたりなどをする義務などもないので、できるだけ早い段階で取得をした方が良いと言えます。

Copyright© 不動産 資格 All Rights Reserved.